人妻と人妻がパラシュートで降下する

愛が好きであるヤルの一つ

男の性的な希望を刺激する1つのサインとしてすでに植民地を作った感覚の「人妻」。 特定の技術は、彼らの期待を裏切るのに必要でした?
私は、2000人以上の人妻(そして、報道貧困が公然と本当の経験を認めるために対象とされるならば、性的関係をしばしば終わった作家)に関するデータを集めます、そして、(ベストセラー)、これまで話題で呼びます「人妻は、理由パラシュートで降下する人-愛が好きですか?」。
堅固で、それであろうと思う人妻を攻撃する方法で? 私は、トキワが著者であったさんにお話を結びつけるのを聞きました。
―― 報道はその非常に多くの女性です、彼らは女性がされた既婚者を専門としました。
トキワを記録破りの女性コウミ・ブームと呼んだことがありました、そして、女性の性的な希望の存在はそれから世界が出るまで、それがなかったと言いました。
エロチシズム産業にありました自分で当初、そして、女性はそこの自然の消費者として、それに入りました。 これは、女性コウミの力を借ります; そして、報道するっきゃないで!

―― なぜ、それはそこに人妻に興味を持っていましたか?
トキワは、一般に「人妻」を引きつけて、個人的に戦術のパートナーとして面白かったです。
それは、老婦人にはあった羞恥心、性質のための罪悪感、そのような美徳アイデアを言うことができるものをまだ持っている人妻だけです。
不道徳の感覚は、興奮を刺激します、あまりに、そして。
―― それはかなり影響によるタイトルです、第一に、「パラシュートで降下する人-愛」の定義はどんなものですか?
真実の愛は、結婚が拡張線にあると思います。 したがって、彼女が結婚したとき、人妻はもうそれが好きでありえません。
しかし、「しかし感覚を経験したいために、それは本物の愛でありません」というかなり多くの女性が、います。 そして、私は、あなたが愛パートナーとセックスするかもしれないと思います。
私は、愛のような関係をよく「パラシュートで降下する人-愛」をそこで攻撃した需要に、そこで任命しませんでした。 さて、人妻の場合、私が言うならば、それは不道徳性交です。
―― 無理もない。
欲求が「そして、たいを突き刺す」と叫んだ、トキワ人のためで、それがそれが自分で愛している女性にとって重要で、動機づけでなります。
私はそのパラシュートで降下する人を開始することからそれを理解します-、そして、また。 私は、よくそのような欲求で人妻をせきたてることが男の責務であると思います。
―― 私に不満を話してください!
私が本当にトキワに言いたいけれども、ものには全部でよい方法がありません。
「物語部人妻」は、最初にタイトルでこの本をしそうでした、だが、それはそうです、本にどのように、そして、そうであります、それはすべてのメンバーに言われるかもしれません。
結局、私は、どのように一人で前方に女性を攻撃しなければならないか考えざるを得ないです。 たとえば、「私は困っています」ことを平らにします、解釈の10のひな型以上の語は、そうします。
会話から、あなたは、再びすべての五感を使っている本当の意図に、考慮をしなければなりません。 それから、私は経験を得て、それを審査せざるを得ないです。
私が常に女性を観察することは、それにとって重要です。 しかし、私がそれを本当に嫌うとき、速く下がってください、そして、強姦は決して間違っていません!
結局、それは伝達能力の問題です
―― 私は、心臓でそれをします。 そして、それが人妻捕獲方法でありませんか?

トキワ捕獲方法を言うか、それを学びたいことに関しては、人妻が不道徳性交をするとき; 要点で、ものはそうです。 それは、「弁解」です。
「私は、決定されませんでした ...... 「私は、巻かれるだけでした ...... それは、「そのような弁解」に備えることです。
自分で、自分に確信させます、パートナーがポジティブになりもするために「これは、報道です」、そして。 さて、それは、市民と私事(笑います)の完全に混ざっています。
―― 報道と呼ばれている名前は、かなりおいしいです!
トキワさえ、市民の方へ「私が行動するならば、可能性はかなり大きいです」ということを伝えたいです。 それは、私が人妻(笑います)を見るならば、まず第一にそれを勧めることです。
彼女は、なんだかんだを言います、そして、男に関しては、女性は、基本的にSのMと呼ばれている構成を変えません。したがって、男はそれを攻撃しなければなりません!
私は、女性コウミのアンケートによって集めた有効なデータと報道した内容(この本の参照として用いられるときその人の経験たいへん)を含めます。
―― 説明がかなり具体的で、興奮していて、劇的である多くの経験が、あります。
本当のトキワが経験を正しく調整することは、すべてです。 結局、密度は、自分によってそれを物語を聞くことに感じて、シミュレーションされた経験をすることと決して異なりません。
私が人妻報道をする間それを集めようと思ったことがエロチックな経験をした際にこの本を出版したとき、それは1つのいろいろな機会です。
―― 「誰かです」; それを飲みます、そして、持っています暗い経験。 ところで、それが大好きな人妻のタイプですか?
結局、トキワは、背景を知っている女性ですか? 遭遇システムで知っているようになっている女性は、非また毎日面白くなくて、あります。
生命と前の経験を含む女性の背景を知っていたものは、興奮しています。 性交に至ることの前の距離が最も多くであるので、ふざけてください。
―― 現在話題の「草食物男の子」を含めてそこでするのを嫌う多くの男性があるようです ...... 。
私はトキワを信じていることができません、そして、愛はきっと基本的に厄介です。 しかし、そのような厄介なものを楽しむことができることは、人間だけです。
我々はあなた(人妻が作られるのが好きである人間)が湧き出させる「結婚」と呼ばれているシステムを使用します、そして、人間のパラシュートで降下する人-愛を楽しみましょう!